ニュース・お知らせ

短期ホストファミリー大募集中

マレーシア・ラオスの学生とご家庭で交流してみませんか?

現在、ホストファミリーを大募集しています★

 

いつか海外でホームステイをしてみたいと思っている方には、海外渡航の事前準備として。

海外でホームステイの経験がある方には、その時お世話になったホストファミリーへの恩返しとして。

海外の学生を受入してみませんか?

マレーシア、ラオスからの来函は非常に珍しく、今後、このようなチャンスは二度とないかもしれません!

「函館で海外の方と交流してみたいな~」「函館でプチ海外を経験してみたい」と思っているのであれば、ぜひお申込をお待ちしております◎

 

 

33日(金)~5日(日)マレーシア

317日(金)~19日(日)ラオス

 

金曜日:午後5時~対面式

土曜日:終日フリー(ご家庭での交流をお楽しみください♪)

日曜日:午前11時~歓送会

となっております。(マレーシア・ラオス共通)

 

ホームステイの醍醐味は、「本当の日本の生活を体験できること」です。

学生たちは、日本人と交流をするために、日本にやって来ます。

よく、「どこかに連れて行かなきゃ」とか、「他の家庭と比較される」などという声がありますが...正直な話、見栄を張る必要は全くありません。

 

一緒にテレビを見る、犬の散歩に行く、近所の図書館に行く、皿洗いや掃除を手伝う、お互いの国の料理やお菓子作りを楽しむ、たわいもない会話を楽しむなど...

日本人にとっては「当たり前の日常」ですが、学生たちにとっては、「どれも新鮮なこと」なのです。

今回は正味1日しかフリータイムがありませんので、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

それぞれの家庭でそれぞれの過ごし方があること、ライフスタイルが違うことは学生たちも知っていますし、それはどこの国でも同じことだと思います。

なので、「うちは◎◎だから...」と考える必要はないのです。

あなたのご家庭なりの過ごし方を一緒にすれば、それで良いのです。

 

私は、これまで、中国やオーストラリアでホームステイをした経験があります。

どちらの国・家庭でも、街の案内をしてもらいましたが、それよりも、家庭内での交流がとても思い出に残っています。

中国では、一緒に中国茶を飲み、中国茶に砂糖をたくさん入れることを知って驚きました。

手作り餃子も作りました。お父さんは皮の作り方が職人技のように早くて、とても上手でした。

オーストラリアでは、夕食時に「UFOを信じるか?」という話で盛り上がったり、夕食後は皿洗いをしながら生活必要な英語を教えてもらったり、ポテトチップスを食べながらアイドル発掘の番組を見て爆笑したり...

 

という感じで、「一緒に時間を共有したこと」は、今でも鮮明に記憶に残っています。

お互いに楽しい時間を共有してもらいたい、良い思い出をたくさん作ってもらいたい、という思いで、お仕事をさせてもらっています。

 

不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

ご興味がありましたら、お申込をお待ちしております。

 

<詳しくはこちら>

http://www.hif.or.jp/2017/02/23-2.html

お問い合わせと講座・イベントの申込み

GCサポート函館へのお問い合わせや、イベントのお申し込みは、下記の必要事項を記載の上、global@hif.or.jpへメールにてご連絡ください。

お名前
年齢
職業
連絡先(電話番号・e-mail)
問い合わせ内容or参加する講座・イベント名
PAGE TOP