ホストファミリーしてみませんか!?

留学生と楽しく暮らす心得
  • こころがまえ
  • 自宅と家族の紹介
  • コミュニケーション
  • 食事
  • 生活のあれこれ
  • 電話とインターネット
  • 病気やケガのとき

その4.食事

食こそ、家族の絆を深め、それぞれの文化を知る絶好の機会です。宗教的・健康的なものにより制限がある場合もありますが、それも世界を知るひとつの機会です。互いの指向を尊重した上で、いつもと同じ、楽しい食事の時間を!

楽しい食事のひとときを

食事はコミュニケーションの時間であり、文化の一部です。なるべく家族揃って、その日にあったことなど留学生と楽しく語らいましょう。食事時のあいさつ「いただきます」「ごちそうさま」を教えたり、和食の食べ方・マナー・日本の食材について話すのも文化を知る良い機会です。

普段のままの食卓、メニューで

いつも通りの食事をご用意ください。品数を増やしたり豪勢にしたりする必要はありません。

  • 健康上(アレルギー・ベジタリアン)や宗教上の理由で、食事に制限がある場合があります
  • 量の多い・少ない・丁度良いを確認しておくとよいでしょう
  • お酒は無理に勧めず、未成年者には絶対に飲酒させないでください
    (法定飲酒年齢は国で違いますが、日本は20歳以上である事をご説明ください)
食事の制限・好き嫌いなど

留学生が申込書に書いてきた食事制限の情報は、事前にお知らせします。各ご家庭にも、どの程度までの食事制限なら対応可能か、必ずお伺いします

申込書に書いていなくても実は苦手なものや、日本に来てから初めて試した食材で食べられなかったものなどがある場合があります。そんな時は、まず本人にその都度聞き、スーパーに一緒に行き選ばせてみたり、バイキングに連れて行ったりすると、食の傾向が見えてくることもあります