新型コロナウイルス流行に関する当センターの方針については こちら (PDF: 356KB)

お問い合わせは

受付時間 月~金 9:00~17:30

ペンタゴン
ハナ
ヒトデ

news - お知らせ

日程:なし

<終了>【2015.1.17(土)】さよなら貧困~未来は自分たちで切り開く~

外務省主催NGO海外スタディプログラムに参加し現地のNGOの活動を視察してきた様子を北海道国際交流センタースタッフが報告します。また、2007年アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門候補となった映画『ウォーダンス/響け僕らの鼓動』の上映後、北海道在住のウガンダ人の方をお迎えしてウガンダの現状をお話してもらいます! 

日時:2015年1月17日(土)13:30~16:30

war dance.jpg

場所:札幌国際交流館 リフレ札幌 (白石区本通16丁目4-26) 

内容: 
①映画上映『ウォーダンス/響け僕らの鼓動』 2007年 アメリカ
  過去20年に渡って反政府武装組織の脅威にさらされているウガンダ北部の難民キャンプで生きる子供たちの姿を捉えたドキュメンタリー。村を焼かれ、家族を失い、極度の逆境の中で生きながらも音楽と踊りを通じて生きる希望を見出そうとする子供たちを描く。過酷な現実と音楽の持つ力、そして子供たちの前向きなエネルギーが観る者の胸をうつ一作。

 ②パネルトーク『ウガンダの支援の現状』 
  ドミニク・バゲンダ はこだて未来大学  
 岡田朋子 (一財)北海道国際交流センター 

  ウガンダでは長い間の紛争が終わり人々は復興への道を歩み始めたが、その一方で都市と地方の格差が激しく貧困から抜け出せないでいる人々がたくさんいる。ウガンダ東部のブケディア地区で1994年から女性の自立支援活動を行っているP'KWI(Popular Knowledge of Women Initiative)。そのP'KWIで2013年のNGO海外スタディプログラムを通じて研修をしてきた(一財)北海道国際交流センターのスタッフ岡田と函館在住のウガンダ人で長年PKWIの支援をしてきたドミニク・バゲンダ氏(はこだて未来大学准教授)がその活動の様子を報告する。

主催:(一財)北海道国際交流センター                                                                                                                             
共催:(公財)札幌国際プラザ (一財)札幌健康スポーツ財団                                                                                                  
後援:独立行政法人国際協力機構     

申込先: (一財)北海道国際交流センター 担当/岡田                                                                                                                              札幌市中央区北1条西3丁目札幌MNビル3階 札幌国際プラザ内 
      TEL/011-211-5028 FAX/0138-232-3833 E-mail/okada@hif.or.jp

* このプログラムは外務省主催NGO海外スタディ・プログラムのフォローアップ・プログラム(事務局:JANIC)の支援を受けて開催します。